ズボラさんでも大丈夫!カビないゴムパッキンのお手入れ方法。1週間に1回でも効果あり。

カビない水筒のお手入れ方法
カビない水筒のお手入れ方法

こんにちは。細かいことはあんまり気にしないズボラ主婦の「ぽろん」です。

いつものように息子の水筒を漂白剤につけ置きした次の日、とうとうやってしまいました。

ゴムパッキンのつけ忘れ!

そして付け忘れたことも忘れている私。

あ~あ、と想像通りのことが起きるのですが、どうぞお付き合いください。

水筒の洗い方をよくわかっていなかった過去

今でこそ漂白などをしていますが、以前は柄のついた長めのスポンジで本体をシャカシャカ、普通のスポンジで飲み口をゴシゴシするのみでした。

主に週末のサッカー練習(息子はスポーツ少年団に所属)で使っていた水筒は、東日本大震災をきっかけに学校にも毎日持っていくことになりました。

私の住んでいる地域では場所によって放射線量が高く水道の水もあまりよくないということで、当時は学校の水が飲めなくなったためです。

ある日、息子に「水筒洗ってる?」と聞かれたのでよ~く見てみると、ゴムパッキンが黒くなっているではありませんか!

カビ⁉(;゚Д゚)

こうなってからでは遅いです。

漂白しても落ちる気配はなく、カビに気がついてしまった息子は持っていくのを嫌がり、その水筒は処分することになりました。

10年使ったので、ま、いいかという気持ちです。

においが苦手な「漂白」をしてみることにした

次に使う水筒は絶対にカビさせないぞ!と心に決めました。

そこで私にはあまり馴染みがなかった「キッチンハイター」の登場です。

どうもあの消毒のにおいが苦手で今までためらっていたのですが、友人の強いススメもあってとうとう使ってみることに…。

キッチンハイターが大好きな友人は毎日のようにつけ置きしているそうですが、私にはハードルが高いので週末だけのつけ置きに挑戦してみました。(やっぱりにおいが気になります)

つけ置きするのは飲み口部分。

ゴムパッキンも外して一晩浸けておくのですが、プラスチックの飲み口は軽いので下まで沈みません。

仕方がないので次の日に上下を返してさらに数時間置くことにしました。

ゴムの部分は問題なくちゃんと水に浸かっていましたよ。

漂白している水筒の口部分
漂白している水筒の口部分2

そこで気が付きました。

「あれ?においが弱いかな?」

分量は一応指示どうりに使ったつもりです。

私がイメージしていたキツいにおいとはちょっと違う。

もしかして、キッチンハイターの使用頻度が高かった義母ってかなり多めに入れていた??

そういえば使い切るのが早かったかも…。

小さい頃からプールの消毒の匂いがダメなうえ鼻が利く私(戌年でもある)にとって、ハイターのにおいって結構辛かったのですが、キツさの原因は義母が使う分量だったのかもしれません。

ともかく、思ったほどにおいのダメージがないことがわかったので、今のところ週1の消毒は継続できています。

この水筒を使い始めて4年、今のところカビは生えていません。

こうなるとキッチンハイターはもう必需品ですね。

そしてやってきた事件の日

ある月曜日の夕方、息子が帰宅しての第一声。

息子「ちゃんと水筒のフタ閉めてよ~。バックが濡れちゃったじゃん。」

私「フタが斜めだった?でもまっすぐ持ってけば大丈夫だったんじゃないの?ぐちゃぐちゃに入れてるから出ちゃったんだよ~。」

さらに、

私「そういえば今朝は自分でフタを閉めたんじゃなかった?」

と、まるで息子が悪いとでも言わんばかりの会話をしながら台所で洗い物をしていました。

そして目に入ったのがこれです。

水筒のゴムパッキン

カウンターに置きっぱなしのゴムパッキン。

(゚Д゚;)

ヤバい。つけ忘れてた。

文句を言いながら二階に上がってしまった息子を呼びました。

私「ごめ~ん‼これ見て~~!」(すでに笑っている)

水筒のゴムパッキン2

息子「だから言ったじゃん!オレのせいじゃないって!」(いつものことなので笑っている)

私「今気が付いたのよ、今!私もびっくりした~」(大笑い)

と、他人事な会話をしながら、ビショビショになったリュックを干すことにしました。

濡れてしまったリュック

こうして写真を撮っている間にも、

息子「も~撮ってる場合じゃないじゃん!」(呆れ顔)

私「だって面白いんだもん!」(大笑い)

と、のんきな会話を楽しんだ水筒事件でした。

まとめ

ズボラ度満載の内容になってしまいましたが、言いたかったのはこの2つです。

①水筒(とくに飲み口とゴムパッキン)は定期的な消毒をすればカビません。

外したゴムパッキンは必ずつけましょう。

まるで取り扱い説明書のようですが、忙しい主婦にとっては手を抜きたくなる作業だし、付け忘れだってあり得る話です。(そうですよね?)

消毒も週に1回で十分なことが証明されてますので、愛着ある水筒を長く使えるよう、ちょっとひと手間かけてみてください。

あ、取り扱いに失敗したとしても、次から気をつければ大丈夫。

落ち込まないで笑ってしまいましょう(≧◇≦)w

濡れてしまったリュック